HSSEに関する基本方針

BASIC POLICY ON HSSE

事業活動の継続にはHSSE(健康・安全・危機管理・環境)を保全することが社会的責務と認識しています。

HSSEの定義

  • 健康
    快適な職場環境の形成、従業員の健康管理と労働災害防止のために必要な安全と労働環境の確保
  • 安全
    設備の安全、人の安全、製品の安全、工事および輸送と荷役の安全の確保
  • 危機管理
    異常現象等の緊急事態対応、ITセキュリティ、外部からの侵入、脅迫、テロ等の危機に対して、その被害を最小限に抑えるための予防および適切な対応
  • 環境保全
    地域環境および地球環境の保全

HSSEに関する基本方針

当社は経営理念に則り事業活動を遂行するにあたり、安全を確保し、危機管理を励行し、健康を守り、環境を保全することが大前提であるとの認識のもとに、HSSEに関する基本方針をつぎのとおり定める。

  • 災害防止、危機管理、労働安全衛生、製品安全及び環境保全について、関係法令及び関係する社内規程類に関する従業員の了知と運用の徹底によりコンプライアンス強化するとともに、マネジメントシステムを遵守し継続的な改善に努める。
  • 新規事業の導入、大規模設備の設置、新製品の開発等にあたり、HSSEに関する事前評価を実施し、また、状況の変化に応じてそれらを適宜再評価する。
  • 自らの操業において、省資源、省エネルギー対策を一層推進するとともに、汚染物質の排出防止やCO2排出量の削減等により、環境への負荷の低減に努める。
  • 原油の受入から製品の出荷に至る全ての段階において、HSSEを考慮し、これらの取扱者または使用者に適切な取り扱い、使用方法等の情報を提供する。
  • 設備の安全操業並びに保全に努め、事故及び災害の発生を未然に防止する措置を講ずる。
  • 適切なリスクマネジメントにより危険源を特定しリスク低減・解消措置により、事故・災害の予防に努める。
  • 万一の事故・災害及びテロ等に備えて緊急時対策を定め、発生時には関係機関と協力のうえ、被害を最小限に抑えるために適切な措置を講ずる。
  • HSSEに関する法令、自主基準の遵守並びに諸施策の実施状況を定期的に監査する。
  • 従業員に対し、HSSEに関する啓発、教育、訓練を行い、従業員の意識の高揚と自発的参加、協力を要請する。
    また、協力会社等関連事業者の協力を求め、必要に応じ勧告または指導を行う。
  • HSSEの分野における調査研究を行い、研究結果の活用を推進する。
  • 安全かつ適正な品質の製品を提供する。
  • 「こころ」と「からだ」の健康確保に努め、快適な職場環境を作る。

環境方針

  • すべての企業活動において、環境に関する法的要求事項及びその他の要求事項を理解し遵守する。
  • 環境マネジメントシステムの了知による運用の徹底と弱みの改善を推進し、創意工夫と技術革新をもって、地域及び地球環境の汚染予防及び環境負荷の低減をはかる。
  • 環境目標を設定し、達成に向けて実効性ある活動を推進するとともに、レビューを確実に行い、環境管理のPDCAを強化する。
  • カーボンニュートラル実現に向けた取り組みや省資源、省エネルギーに努め、信頼される製品を安全で環境に優しく、より効率的に安定供給する。
  • 製油所及び発電所のために働く全ての者は、本方針を理解し、当事者意識を持って環境保全活動の重要性を自ら考え行動し、実践する。

品質方針

お客様に信頼される品質の製品を、安全に、安定的に供給し、社会へ貢献するため、以下のことを実践します。

  • 品質に関する法規要求事項、顧客要求事項、および社内基準を遵守する。
  • 品質マネジメントシステム(QMS)の運用の徹底と継続的な改善により、品質管理レベルの維持向上を図る。
  • 品質目標を設定し、達成に向けての活動を推進するとともに、レビューを確実に行い、品質管理のPDCAを強化する。
  • 品質管理の重要性を自ら考え行動し、創意工夫と技術革新をもって、顧客の信頼、満足に応える製品を提供する。

保安管理方針

如何なる環境下にあっても安全最優先の認識のもと、 社員・協力会社皆さんと一丸となって安全最優先の考働で「安全安定操業」と「無事故・無災害」を目指して、以下の自主的な活動を推進します。

  • 設備の信頼性向上を継続的に推進し、全社を挙げてすべての就業者の安全を確保します。また、スマート保安の取り組み推進により、自主保安力の強化と効率性を追求していきます。
  • 当所の事業活動に伴い保安に影響を与える危険源に対してリスクアセスメントを実施し、リスクに応じた予防措置を講じることにより事故発生の予防に努めます。
  • 保安管理に係るマネジメントシステムの実効性を評価し改善するために、従業員に対して理解の促進を図ると共に事故及び災害を未然に防止する基盤の強化と安全文化の醸成を推進します。
  • 保安関連法令及び当所規程類等の特定要求事項を従業員の了知と運用の徹底により、保安関係行動規範を遵守します。
  • 保安管理目標を定め、計画を推進すると共に目標は定期的に見直しを行います。
  • 保安管理を確固たるものにするのは人材であるという観点に立ち、更なる職場の活性化、保安力を高めるための教育を実施し、安全・安定操業の継続に努めます。
  • 保安管理方針をすべての就業者が了知すると共に方針の実践と維持向上に努めます。

労働安全衛生基本方針

  • 全ての企業活動において、労働安全衛生に関する法令等の要求事項及び社内規程を理解し、遵守する。
  • 労働安全衛生に与える危険源を特定し、適切なリスク低減対策を実施するとともに健康障害防止と健康増進の取組みを推進する。
  • 当社で働く全ての人とのコミュニケーション(協議及び参加)を図り、労働安全衛生活動を実行するとともに、労働安全衛生に関する教育及び安全文化向上活動を実施する。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムの継続的な改善を行い、労働安全衛生水準の向上をはかる。

情報セキュリティ方針

当社の情報セキュリティ管理を行う為、以下の方針を定める。

  • 役員及び社員の責任と参画に基づき情報セキュリティ管理を実施する。
  • 重要な情報の外部への漏洩、破壊及び紛失並びに重要な情報への許可外のアクセスを防止すべく事業活動を行う。
  • 情報資産に係わるセキュリティリスクに対して適切に対処し、セキュリティ事故の防止の為の規律の周知徹底を図る。
  • 情報システムの運用及び利用が安全に遂行されるよう情報セキュリティ管理を適切に行う。
  • 情報資産へのアクセスは、業務上の必要性から判断し厳重に管理する。
  • 当社のネットワークに対する不法な侵入の防御及び誤使用を防止する。
  • 情報セキュリティ事故及び障害発生後、可能な限り迅速に事業活動を再開するために、あらかじめ障害対策を作成する。
  • アプリケーションの開発、運用、メンテナンスに際しては、セキュリティリスクに対する適切な対策を講じる。
  • 個人情報については、個人情報保護法を順守し、また社会規範に反した取り扱いを行わない。
  • 出光興産株式会社グループネットワーク環境のセキュリティ基準に準拠する。